戻るトップページへ
「平成30年7月豪雨」災害対応に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「平成307月豪雨」災害対応に関する情報

 

西日本を中心とした記録的な大雨により、土砂災害や川の氾濫が相次ぎ多くの被害が出ました。

これまでに、12府県の60市町で災害ボランティアセンターが設置されるなど、発災時から8月10日(金)までに、全国で約15万9千人のボランティアが活動しました。

 

■和歌山県内の社会福祉協議会の取組を掲載しています

【No.12】(8月17日発信)

【No.11】(8月13日発信)

【No.10】(8月8日発信)

【No.9】(8月1日発信)

【No.8】(7月25日発信)

【No.7】(7月24日発信)

【No.6】(7月20日発信)

【No.5】(7月19日発信)

【No.4】(7月17日発信)

【No.3】(7月17日発信)

【No.2】(7月13日発信)

【No.1】(7月11日発信)

 

■全国の災害ボランティアセンターの状況を掲載しています

全国社会福祉協議会 地域福祉部 全国ボランティア・市民活動振興センター

 http://www.saigaivc.com/

 

■ボランティア活動を希望されるみなさんへ(全社協「被災地支援・災害ボランティア情報」より抜粋)

(1)災害ボランティア活動の際には熱中症に十分ご注意ください

被災地では連日の猛暑のなか、ボランティアが熱中症を発症し、救急搬送される事態が頻発しています。

熱中症を予防するためには、こまめに水分や塩分を補給すること、無理をせず活動の合間に十分な休憩をとることが重要です。また、ボランティア活動前の体調管理にも十分に注意し、体調がすぐれないときには、野外での活動を控えましょう。

これらに加え、万一体調のすぐれないボランティアを見かけた際には、すみやかに災害ボランティアセンターのスタッフやボランティアのリーダーに声をかけてください。

 

(2)ボランティア活動保険に加入ください

ボランティア活動を行う皆さん自身のために、ボランティア活動保険に加入して現地に行くようにしてください。

ボランティア活動保険は、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地の事務負担を減らすためにも、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。

ボランティア活動保険には、基本タイプと天災タイプがあります。天災タイプは、地震・噴火または津波によるボランティア自身のけがも補償されます。

また、今年度すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

 

(3)各災害ボランティアセンターの最新情報を確認してください

これまでの災害の例では、報道の濃淡により、ボランティア活動に参加する方々の数に大きな違いが生じることがあります。報道で紹介されている地域以外にも、ボランティア活動による支援を求めている地域があります。

時間の経過とともに支援ニーズが変化し、災害ボランティアセンターにおけるボランティアの募集範囲も変化します。各災害ボランティアセンターのホームページで発信する最新情報を確認の上、ボランティア活動に参加くださるようお願いいたします。 

 

(4)自己完結のボランティア活動をお願いします

現在、ライフラインが完全に復旧していない地域もあり、被災地では食料・飲料水のほか、ボランティア活動に必要な備品、服装を整えることも困難な地区があります。

また災害ボランティアセンターによっては、ボランティア活動に必要な資機材が十分に用意できていない場合があります。

そのため、ボランティアご自身で必要な物品や服装を用意いただき、参加をお願いいたします。

とくに今回の水害では、家屋内外の清掃、泥の片づけが中心になります。泥は乾くと舞い上がりますので、マスクをご用意ください。また、ゴム手袋や軍手、長靴、目を保護するゴーグルも用意されることをお薦めします。

あわせて、スコップなどの資材も不足しています。活動される災害ボランティアセンターの発信情報を確認の上、可能な限り持参していただくようお願いいたします。

 

(5)被災された方の命と暮らしを守るために

災害時のボランティア活動の真の目的は、被災された方々の命と暮らしを守ることです。

水害のボランティア活動では、家屋内外の清掃や泥の片づけなどの作業が中心になりますが、ボランティア活動のなかで住民の方からお聞きになった困りごとや心配ごと、お隣や近所の方のようすなど、気になったことがありましたら、災害ボランティアセンターのスタッフにお伝えください。

災害ボランティアセンターがつながるさまざまな団体や機関と一緒に、被災された方々を支える制度や活動につなげてまいります。



情報(平成30年7月豪雨)【bP】
情報(平成30年7月豪雨)【bQ】
情報(平成30年7月豪雨)【bR】
情報(平成30年7月豪雨)【bS】
情報(平成30年7月豪雨)【bT】
情報(平成30年7月豪雨)【bU】
情報(平成30年7月豪雨)【bV】
情報(平成30年7月豪雨)【bW】
情報(平成30年7月豪雨)【bX】
情報(平成30年7月豪雨)【10】
情報(平成30年7月豪雨)【11】
情報(平成30年7月豪雨)【12】
_
問い合せ先  社会福祉法人 和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2018年08月17日