戻るトップページへ
制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト(ご案内)

県内社会福祉法人協働による‘地域における公益的な取組’

制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト

 

改正社会福祉法が平成29年度から本格施行され、社会福祉法人の責務として「地域における公益的な取組」を実施することが社会福祉法第24条に明文化されました。今回の法改正は、元来、社会福祉法人が有する高い公益性・非営利性・専門性に鑑み、既存の制度の対象とならない課題や他の事業主体では対応が困難な福祉ニーズに対応することを通じて、より地域社会に貢献することを期待されたものです。

 

 この法改正を踏まえ、県社協では、県内の社会福祉法人が「地域における公益的な取組」を推進できるよう、「制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト」を第5次県社協活動計画(H29H33年度)の重点事業に位置づけ、それぞれの取組を促進・支援していきたいと考えています。

 

 本プロジェクトの推進にあたり、平成29年6月13日に社会福祉施設を経営する社会福祉法人有志による「推進委員会準備会」を開催し、県域において「地域における公益的な取組」の推進を図るため、本会に「推進委員会」を設置すること等が確認されました。

 

つきましては、社会福祉法人の使命として求められている「公益性」を共に考え、地域住民や関係機関に対して社会福祉法人の存在意義を「見える化」するために、本プロジェクト推進委員会へのご参画をご検討いただきますようよろしくお願いいたします。

 

【優先情報】

★協働プロジェクト「気づきシート」の記入・提出のお願い

H29.10.3

推進委員会参画法人から寄せられた福祉課題・生活課題(気づき)をもとに、今後、その課題解決に向けた委員会活動・モデル事業を順次スタートしていきます。

「気づきシート」の提出にご協力をお願いします。

@「気づきシート記入方法、様式(word

A「気づきシート」記入例(PDF

 

(1)参画のご案内について

■協働プロジェクト推進委員会 設置要綱(平成29年7月14

■協働プロジェクト推進委員会 参画案内文書(平成29年6月23日)

■協働プロジェクト推進委員会 参画申込書

■協働プロジェクト推進委員会 幹事会名簿(平成29年7月14

■協働プロジェクト参画法人一覧(平成29年10月10現在)

 

(2)活動状況等(県社協広報紙・「福祉わかやま」から)

■「地域における公益的な取組」─社会福祉法人の責務として─

〜制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト〜

H29.6

■制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト推進委員会

準備会を開催 〜24法人31名が参加〜

H29.7

■社会福祉法人の存在価値が問われる

制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト推進委員会

〜23法人が参画・始動〜

H29.9

 

(3)「地域における公益的な取組」モデル事業について

本モデル事業は、県社協が推進する「制度の狭間にある福祉課題・生活課題解決への協働プロジェクト」の一翼を担うものとして、社会福祉法人(施設経営法人)による地域における公益的な活動を促進し、今日的な福祉課題・生活課題に対応する新たな取組の創出と県内への普及促進を図ることを目的に実施するものです。

 

■平成29年度「地域における公益的な活動モデル事業」実施要項 【第2次募集】

※第2次募集は平成29930日で受付終了しました。  

 

【平成28年度モデル事業指定法人(4法人)】※県経営協モデル助成事業

法人名

市町村

事業名

助成金額

紀三福祉会

和歌山市

紀三井寺苑ふれあい教室

小学生の居場所づくり

200千円

喜成会

和歌山市

カフェかわながの

200千円

愛徳園

和歌山市

あいとくこども食堂

今福地区ふれあい食事会

200千円

一麦会

和歌山市

子ども・若者の貧困対応ネットワーク準備推進事業

200千円

 

【平成29年度モデル事業(第1次)指定法人】

法人名

市町村

事業名

助成金額

わかうら会

和歌山市

雑賀カフェ

200千円

愛徳園

和歌山市

あいとくこども食堂

今福地区ふれあい食事会

300千円

聖アンナ福祉会

紀の川市

高齢者お困り相談事業

300千円

桃郷

紀の川市

社会福祉法人桃郷地域貢献事業

300千円

 

(4)県内社会福祉法人等における「地域における公益的な取組」

県内の社会福祉法人でも、主たる社会福祉事業に加え、その「公益性」をもってさまざまな地域公益活動・社会貢献活動を行っています。県社協広報紙「福祉わかやま」紙面でご紹介させていただいた活動を中心に、掲載します。

 

 

掲載事例(テーマ)

法人名等

掲載

1

複数法人連携 〜橋本市社会福祉施設連絡協議会等取組

伊都・橋本地域

H27.2

2

地域における社会貢献活動

わかうら会

H27.3

3

社会福祉法人の地域貢献活動 H26地域福祉推進フォーラム〜

(県社協

H27.4

4

保育園で取り組む学童保育

福祉会

H27.11

5

民生委員児童委員との連携による地域生活支援

徳園

H28.1

6

あらためて「社会的孤立から生じる生活課題解決への取組を考える (県社協法人設立60周年記念・近畿地域福祉学会平成27年度大会)

(県社協)

H28.2

7

みんなで囲む温かい晩ごはん 「子ども食堂の取組

(こ・はうす

H28.3

8

ふれ愛カフェ「かわながの家」

喜成会

H28.11

9

あいとくども食堂

徳園

H28.12

10

紀三井寺苑ふれあい教室

紀三福祉会

H29.1

11

子ども・若者の貧困対応ネットワークづくり

一麦会

H29.2

 



推進委員会:設置要綱
推進委員会:参画案内文書(H29.6.23)
参画申込書 (様式1)
推進委員会:幹事会名簿
参画申込法人一覧(平成29年10月10日時点)
福祉わかやま(H29年6月1日号)
福祉わかやま(H29年7月1日号)
福祉わかやま(H29年9月1日号)
モデル事業実施要項(2次募集)
【活動紹介】橋本市社会福祉施設連絡協議会
【活動紹介】わかうら会
【活動紹介】地域福祉フォーラム・県社協
【活動紹介】粟福祉会
【活動紹介】愛徳園
【活動紹介】近畿地域福祉学会(県社協)
【活動紹介】こ・はうす
【活動紹介】喜成会
【活動紹介】愛徳こども食堂
【活動紹介】紀三井寺苑
【活動紹介】一麦会
「気づきシート」記入方法、様式
「気づきシート」記入例
_
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 総務・資金部 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-425-5224  FAX:073-435-5226
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2017年10月11日