戻るトップページへ
福祉救援・災害ボランティアニュース(平成28年度第26号)

平成28年11月15日

福祉救援・災害ボランティアニュース[平成28年度 第26号]

 

平成28年度 被災地支援・災害ボランティア情報(77号)

平成281115日(火)1345分発行

全国社会福祉協議会 地域福祉部全国ボランティア・市民活動振興センター

http://www.saigaivc.com/

 

 各災害の被害状況は以下をご確認ください。

 ◆内閣府防災のページ

  http://www.bousai.go.jp/

 

■鳥取県中部を震源とする地震(第10報)

 1021()に発生した鳥取県中部におけるマグニチュード6.6の地震では、全壊2棟、半壊3棟、一部破損12,483棟、計12,596棟の住家被害が確認されています。

111412時時点、鳥取県災害対策本部発表)

 ◆鳥取県庁危機管理局危機管理政策課

   http://www.pref.tottori.lg.jp/

 

■■倉吉市■■「倉吉市災害ボランティアセンター」の移転

 倉吉市社会福祉協議会は、1022()に災害ボランティアセンターを立ち上げ、瓦礫撤去や家屋の片づけ、ブルーシートがけを中心とした活動を行っています。

 1113()までに2,405名のボランティアが活動を行っています。

 1115()より「まちかどステーション」へ移転となりました。

【開所場所】まちかどステーション(倉吉市大正町1067-29

  ※最寄りのバス停:日本交通(市内線)新町下車徒歩5

   電話:0858-22-9802(ボランティアに来てほしい方)

   電話:0858-22-9801(ボランティア活動希望者)

   FAX0858-22-9800

【駐車場】まちかどステーション横敷地内(60台)

【活動内容】がれき撤去、家屋の片付け等、屋根にブルーシート掛け(専門職対応)

【開所時間】9:001600

      ※12月から毎週火曜日はお休みいたします

【ボランティア受付時間】

      90014:00

  ※ボランティア数が充足した場合は、ボランティアの受付を締切る場合があります。

  ※活動は、15時までです

 

 県内・県外を問わずボランティアを募集しています。詳細については、下記をご覧ください。

 ◆倉吉市災害ボランティアセンター Facebook

  https://www.facebook.com/kurayoshishakyo/?fref=ts

 ◆倉吉市社会福祉協議会

  http://www.kurayoshishakyo.com/

 また、倉吉市以外のボランティア活動の状況は特設サイトをご参照ください。

  http://tottorivc.jp/

 

●鳥取県社協・県内の動き

 鳥取県社協は、1022()に災害救援ボランティアセンター支援本部を立ち上げ、県内市町村社協とともにボランティア活動の支援にあたっています。

 1113()は県内市町村社協から7名が、県社協から2名が倉吉市災害ボランティアセンターの支援にあたりました。

 

●中国ブロックによる支援の終了

 中国ブロックは、10月日から倉吉市災害ボランティアセンターに入り、運営支援等を行っています。本日15()をもって支援は終了の予定です。

 

●徳島県内社協による支援の終了

 鳥取県社協との災害時相互応援協定に基づき、徳島県社協と県内市町村社協から2名の職員を派遣してきましたが、13()をもって支援を終了しました。

 

=========================================================

■台風10号(第27報)

 830日に岩手県に上陸した台風第10号は甚大な被害をもたらし、2か月半経った現在でも、引き続きボランティアによる復旧活動が行われています。

 岩手県では発災以来、1114()までに、22,210人のボランティアが支援活動を行ってきています。

 

■■岩泉町■■「岩泉町災害ボランティアセンター」の活動

 岩泉町災害ボランティアセンターでは、91()に災害ボランティアセンターを設置して活動を行っています。

 1112()123名、13()189名、14()49名のボランティアが、清掃・泥だしなどの活動に参加しました。

 ◆岩泉町災害ボランティアセンターFacebook

  https://www.facebook.com/iwaizumivc/?fref=ts

 ◆岩泉町社会福祉協議会HP

  http://iwaizumi-shakyo.or.jp/?p=612

 

●岩手県社協の動き

 岩手県社会福祉協議会は、岩手県(政策地域部台風災害復旧復興推進室及び保健福祉部地域福祉課)と連携して、台風10号による大雨により被災し、

岩手県内の応急仮設住宅に今後入居する被災者に対し、家電製品を提供するための支援金を募集しています。

 集まった支援金は、市町村からの要望に基づき選定した家電製品の財源とする予定です。

 これまでに岩泉町小本地区小成仮設団地10世帯、小本仮設団地32世帯に家電6点セットを搬入しました。

 11月下旬には岩泉地区中野仮設団地に30世帯に搬入する予定です。

 これ以外の岩泉町内7つの仮設団地と久慈市、野田村及び普代村の仮設住宅にも搬入する予定です。

 現時点で約240250の被災者世帯に家電セットを整備する予定です。

 詳細については、下記をご覧ください。

 ◆岩手県社会福祉協議会HP

  http://www.iwate-shakyo.or.jp/docs/2016102600022/

 

●全社協の動き

 鳥取県社協・岩手県社協をはじめ、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)と連携して、

災害ボランティアセンターの運営支援を行っています。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

社会福祉法人 全国社会福祉協議会

 地域福祉部/全国ボランティア・市民活動振興センター

電話 03−3581−4655/4656

E-mail vc00000@shakyo.or.jp

災害情報専用HP:http://www.saigaivc.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



_
問い合せ先  和歌山県ボランティアセンター (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5220  FAX:073-435-5221
 メール:waken-vc@shakyo.com
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2016年11月15日