戻るトップページへ
有効期限:〜
福祉サービス第三者評価事業の仕組み
活動場所: 
内 容

1.第三者評価推進組織

2.第三者評価機関

3.評価調査者

4.第三者評価受審から公表までの流れ

 

 

 

 

 

 

◆第三者評価事業の推進体制図◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.第三者評価推進組織

各都道府県の判断の下、各都道府県に一つ設置されます。本県では和歌山県の判断の下、「和歌山県福祉サービス第三者評価事業推進組織」として、平成16年7月に社会福祉法人和歌山県社会福祉協議会に設置されました。

 

◆和歌山県福祉サービス第三者評価事業推進組織の役割◆

和歌山県福祉サービス第三者評価事業推進組織(以下「県推進組織」という)は、第三者評価機関の認証をはじめ、県内での第三者評価基準や評価手法の策定・更新や第三者評価結果の取扱いに関すること、評価調査者研修等、県内での第三者評価の推進を担う組織です。

●和歌山県福祉サービス第三者評価事業推進組織設置要綱(PDF

●和歌山県福祉サービス第三者評価実施要綱(PDF

・(様式1)評価結果報告書(PDF

・(様式)評価結果と評価理由(PDF

●和歌山県福祉サービス第三者評価機関認証要領(PDF)(ワード

 

県推進組織には、会長、副会長及び委員全員をもって組織する「県推進組織全体会」が置かれ、その下に業務に関する意思決定を行う「第三者評価機関認証委員会」と「第三者評価基準等委員会」の2つの委員会が置かれています。各委員会では次のことを行います。

 

   ●第三者評価機関認証委員会

     @評価機関の認証(認証要件の策定・更新)

     A第三者評価事業への苦情等の対応

     Bその他第三者評価事業の推進

 

  ●第三者評価基準等委員会

     @評価基準、評価手法の策定・更新

     A第三者評価結果の取扱い(公表)

     B評価調査者養成研修・継続研修の実施

     C第三者評価事業の情報公開及び普及啓発

 

▲このペートッへ戻る

 

 

2.第三者評価機関

第三者評価は、県推進組織に認証された評価機関が行います。

評価機関は法人であって、要件を満たす評価調査者を有し、事業の透明性を確保するための規程等を整備している等、一定の条件を満たした上で、県推進組織の認証を受けることが必要です。

 

▲このペーのトプへ戻る

 

 

3.評価調査者

実際に事業所を訪問して第三者評価基準に基づいて調査を行うのは「評価調査者」は、第三者評価の趣旨である「専門的かつ客観的」な評価が行われるよう、一定の条件を満たした方が評価調査者養成研修を経て評価調査者となります。

 

  ◆評価調査者になるには

   評価調査者に求められる基本的な知識や技術を習得し、評価調査者として活動するためには、県推進組織が実施する「評価調査者養成研修」を受講する必要があります。また、評価調査者には定期的に「評価調査者継続研修」を受講していただきます。

「評価調査者養成研修」を受講するための要件は次のとおりです。詳細については県推進組織にご確認ください。

 

●受講対象者

 次の1.2のいずれにも該当する者

1.次のいずれかに該当すること

@組織運営管理業務を3年以上経験しているか、これと同等以上の能力を有している者

A福祉、医療、保健分野の有資格者・学識経験者で、その業務を3年以上経験しているか、これと同等以上の能力を有している者

2.研修修了後は、県推進組織で認証された評価機関(申請予定含む)に所属し、調査者活動を行う予定であること

 

▲このペーのトップへ戻る

 

 

4.第三者評価受審から公表までの流れ

@受審の申し込み

福祉サービス事業者は、県推進組織に認証されている評価機関の中から、希望する評価機関に受審を申込みます。

A評価の実施

 

ア.事前評価(自己評価)

第三者評価の前に、同じ基準を用いて事業者自身による自己評価を行い、その結果を評価機関に提出します。

また、評価機関はできる限り「利用者・家族等アンケート調査」を実施することとなっています。

イ.書面調査

評価機関は、提出された自己評価、利用者・家族等アンケート等の書面に基づき、事前に書面調査を行います。

ウ.訪問調査

評価機関に属する評価調査者2名以上が一組で事業所を訪問し、ヒアリング、資料の確認等、調査を行います。

エ.調査結果の検討、

評価結果のとりまとめ

評価機関及び評価調査者は、書面調査、訪問調査等で確認された事項を考慮したうえで、調査結果を検討し、合意の上で結果をとりまとめます。

オ.評価結果の同意

評価機関は、作成した評価結果について、事業所に同意を求めます。

B評価結果の報告

評価機関は、評価結果について、受審した事業者の同意を得たうえで、県推進組織に報告します。

C評価結果の公表

(事業者の同意を得て)

評価機関及び県推進組織は評価結果を公表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページップへ戻る



推進組織設置要綱
第三者評価実施要綱
(様式1)評価結果報告書
(様式)評価結果と評価理由
評価機関認証要領
評価機関認証要領
_
問い合せ先  わかやま福祉介護サービス評価推進機構 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5261  FAX:073-435-5262
 メール:whsk@wakayamakenshakyo.or.jp
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5261  FAX:073-435-5262
 メール:whsk@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2010年08月02日